はっきり言って…。

「WiMAXをとにかく安い金額で心配せずに利用したいと思っているけど、どのプロバイダーと契約すべきなのかの答えが分からない」という人対象に、WiMAXを扱っているプロバイダーを比較したWiMAX専用ページを作りましたので、よろしければご覧ください。

WiMAXモバイルルーターにつきましては、契約時に機種を選定することができ、たいてい出費をすることなく入手できます。でもセレクトする機種を間違えてしまうと、「考えていたエリアでは使えなかった」ということが多々あります。

はっきり言って、一番おすすめしたいモバイルWiFiルーターはWiMAX以外あり得ません。この他のどのようなWiFiルーターと比較しても回線の速度は申し分ないですし、何より料金が最も安いと断言できます。

旧タイプの通信規格と比べても、実に通信速度がUPしており、相当量のデータを短時間で送受信可能だというのがLTEの強みです。今現在のニーズに合致する通信規格だと痛感しています。

Y!mobile(Yモバイル)であるとかドコモにて規定のある3日間で最高1GBという制限ですが、1GBというのはパソコンなどで動画を見ますと2時間程で達してしまい、突然速度制限を受けることになります。

モバイルWiFiの月間の料金は概ね4000円ですが、プロバイダーの中にはキャッシュバックを目玉にしているところが見受けられます。この額を合計支払額からマイナスすれば、実質コストが分かるのです。

モバイルWiFiルーターを購入するという場合に、絶対に焦らずに比較しなければいけないのがプロバイダーなのです。プロバイダーが変われば、使用することができるルーターの機種であるとか料金がまるっきり違ってくるからなのです。

「使えるエリア」「月間料金」「通信容量」「速度制限の有無」という4つのファクターで比較してみた結果、誰がチョイスしたとしても全く問題のないモバイルWiFiルーターは、本当に1機種だけというのが本心です。

こちらのサイトでは、1人1人に好都合のモバイルルーターを選んで頂ける様に、プロバイダー別の料金とか速度などを確かめて、ランキング形式にてご案内させていただいております。

オプション料金は取られますが、WiMAXのエリア圏外だとしても、高速通信ができるLTE通信を使用することができる機種もあるので、端的に言ってこのWiMAXの機種さえ持っていたら、日本の至る所でモバイル通信が可能だと言ってもいいでしょう。

モバイルルーターに関してネットで検索していると、非常に目立つのがWiMAXのキャッシュバックキャンペーンなのです。プロバイダーによりけりですが、40000円近くの高額なキャッシュバックをしているプロバイダーもあります。

LTEと言われているのは、携帯電話とかスマホなどで活用される一歩進んだ高速モバイル通信規格なのです。3G通信と4G通信の間に位置する通信規格という意味合いから、WiMAXと双璧をなす形で3.9Gに類別されています。

同じ機種のモバイルルーターであろうとも、プロバイダーが別ならば月額料金は違ってきます。ご覧のページでは、人気機種を“料金”順でランキングにしていますから、比較してご覧いただければ幸いです。

モバイルWiFiを手に入れようと考えているなら、1カ月毎の料金やキャッシュバックキャンペーン等につきましても、手抜かりなく認識した状態でセレクトしないと、いつか必ずや後悔する羽目になります。

「速度制限が掛けられるのはなぜか?」と申しますと、モバイル用の通信回線に一時に大量の接続が為されると、そのエリアでPCなどを利用しているすべての顧客が、なかなか接続できなくなったり速度が遅くなってしまうからです。

WiMAX2+回線の解説サイト:クルマにピッタリのwifiは!? モバイルwifiの神様

コメント

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。名前とメールアドレスが必須です。