「データ許容量」…。

モバイルWiFiを選定する時に月々の料金だけで決定してしまうと、損することになるでしょうから、その料金に視線を注ぎながら、その他にも注意しなければならない事項について、徹底的に解説致します。

私の方でワイモバイルとWiMAXという評判の良い2機種のモバイルWiFiルーターの速度やひと月の料金などを比較してみたところ、上位機種における下り最大速度以外の大体の項目で、WiMAXの方が秀でていると確信しました。

毎月のデータ使用量に上限のない「ギガ放題」が注目を集めていますが、WiMAX2+には「通常プラン」というのもラインナップされております。こちらの「通常プラン」の場合は、「データ使用量の上限は7GB」となっているのです。

モバイルWiFiを使うとするなら、何としても出費を抑えたいと思うのではと考えます。料金と言いますのは一ヶ月ごとに納めることになりますから、仮に数百円位の差であったとしても、年間で換算してみると結構大きな差になります。

「データ許容量」、「使えるエリア」、「毎月の料金」、「速度制限の有り・無し」という4要素で比較してみたところ、どなたが選択しても満足するモバイルWiFiルーターは、たったの1機種だけというのが実情でした。

WiMAXについては、本家本元のUQに加えてMVNOと称される会社が取り扱っております。当然速さだったりサービスエリアが異なることはあり得ませんが、料金やサービスには開きがあります。

WiMAXモバイルルーターと称されているものは、WiMAXのモバイル通信網を活用して、パソコンであったりタブレットなどのWiFi機能が装着されている端末とインターネット回線を繋げる為の小さ目の通信機器です。

WiMAXのモバイル通信可能エリアは、全国主要都市人口カバー率が99%に到達しています。東京都の23区は言うまでもありませんが、日本の県庁所在地などにおいては、何ら制限を受けることなくサービスの提供を受けられると考えていただいていいと思います。

「ワイモバイル」「格安sim」「WiMAX」の3種を対象にして、それらのプラスポイント・マイナスポイントを頭に入れた上で、利用状況を勘案したモバイルルーターをランキング形式でご提示させていただいております。

モバイルWiFiにあまり経費を掛けたくないなら、月額料金であるとか端末料金に加えて、初期費用とかポイントバック等々を残らず計算し、そのトータル金額で比較して割安な機種を選べばいいのです。

「ネット使い放題プラン」で高評価のWiMAX。高速モバイル通信量無制限のモバイルWiFiルーターとして販売競争の先頭を走っており、導入も手間要らずですし、プラン内容からみたら月額料金もそれほど高くありません。

現時点で売り出されている多くのモバイルルーターの中で、公平な目で見て推奨できるのはどのタイプなのかを、そこまで通信関連が理解できていないという方にも理解して頂けるように、ランキング形式でご案内しようと考えています。

WiMAXギガ放題プランと申しますのは、多くの場合2年間と決められた期間の更新契約を原則として、月額料金の値引きやキャッシュバックが提供されるのです。そうした背景を把握した上で契約しなければいけません。

スマホで使用するLTE回線とシステム上異なっているという点は、スマホは本体が直接電波を受信するというのに対し、WiMAX2+はモバイルWiFiルーターを使用することで電波を受信するという点です。

WiMAX2+の販売キャンペーンとして、高額のキャッシュバックを謳っているプロバイダーが幾つか見受けられますが、キャッシュバックを謳っていないプロバイダーも存在しますので、注意するようにしましょう。

コメント

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。名前とメールアドレスが必須です。