WiMAXプロバイダ比較|WiMAXについては…。

「通信可能エリア」「通信容量」「速度制限の有無とその速さ」「料金」という4つのポイントで比較してみると、誰が選んでも満足するモバイルWiFiルーターは、たった1機種のみというのが実態でした。

人気を博しているWiMAXを手に入れたいという人は少なくないでしょうが、「WiMAXとWiMAX2+の大きな違いは何かが分かっていない」という人の参考になるように、その相違点をご案内しようと思います。

WiMAXについては、本元と言われるUQは当然の事、MVNOと呼ばれている業者が販売しています。無論のこと速度であったりサービス提供エリアが変わることはないですが、料金やサービスはだいぶ違っています。

モバイルWiFiルーターを選択する場合に、断然きちんと比較しなければならないのがプロバイダーです。プロバイダーが違えば、利用できるWiFiルーターだったり料金が全く違うからなのです。

モバイルWiFiを持つなら、何としてもコストを抑えたいと考えますよね。料金に関しましては1カ月毎に徴収されることになりますので、仮に100円とか200円位の違いだったとしても、一年間で計算すると随分変わってきます。

WiMAXモバイルルーターについては、機種それぞれでCA方式と4x4MIMO方式のどちらかの通信技術が盛り込まれています。感度が異なるはずですので、その点を頭に入れながら、どの機種を買い求めるのか決定するようにしてください。

目下売り出し中のWiMAXモバイルルーターの全機種の中においても、W03は文句なしにバッテリーの持ちが良い端末です。長い時間外出する際も、気に掛けることなく利用することができます。

「WiMAXないしはWiMAX2+を買うつもりだ」とおっしゃる方に注意してほしいのは、確実にプロバイダーを比較するようにしないと、2〜3万円ほどは余分なお金を支払うことになるということです。

ずっとWiMAXを使っているのですが、新たにモバイルWiFiルーターを比較し、「実際的に推奨できるのはどれになるのか?」を確かめてみたいですね。

YモバイルもしくはDoCoMoにて設定されている「3日間で最大1GB」という制限ですが、1GBと申しますのはパソコンなどで映像を鑑賞すると2時間程度で達してしまうことになり、突然速度制限が掛かります。

WiMAX2+のギガ放題プランを選べば、1か月間7GBというデータ使用量の上限はありませんが、3日間で3GBを越しますと、速度制限に引っかかるということを覚えておきましょう。

WiMAX2+を販売展開しているプロバイダーの月額料金(2年契約最終日までのキャッシュバックも考えた総支払い額)を比較した結果を、安いプランを提供しているプロバイダーから順にランキングスタイルにて紹介しています。

LTEと称しているのは、スマホであったり携帯電話などで活用されるこれまでにない高速のモバイル通信規格です。3G通信と4G通信の間に位置する規格という意味から、WiMAXと同様3.9Gに分類されています。

モバイルWiFiにあまりお金を掛けられないなら、どう考えても月額料金が大事になってきます。この月額料金が抑えられた機種を選択すれば、その先ずっと払うことになる金額も安くなりますので、さしあたってその月額料金を意識するようにしてください。

全く同じモバイルルーターでも、プロバイダー個々に月額料金は違ってきます。こちらでは、注目の機種を“料金”順でランキング化しておりますので、比較してご覧いただけます。

コメント

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。名前とメールアドレスが必須です。