今のところWiMAX2+の通信カバーエリアとなっていないといった方も…。

WiMAXの圏内か圏内じゃないかは、UQコミュニケーションズが公にしている「サービスエリアマップ」を確認すればわかります。ギリギリでどっちか分からないという場合に関しては、「ピンポイントエリア判定」をやってみれば判断できるはずです。

DoCoMoだったりY!mobile(Yモバイル)にて設定されている「3日間で最大1GB」という制限ですが、1GBと申しますとPCなどで映像を視聴すると、おおよそ2時間で達することになり、その段階で速度制限を受けてしまいます。

モバイルWiFiルーターを選択する場合に、断然焦らずに比較すべきだと言えるのがプロバイダーなのです。プロバイダー毎に、使える機種とか料金が相当変わってくるからなのです。

WiMAXの通信可能エリアは、一定の時間を使って拡充されてきたというわけです。その為、今では市中は当然として、地下鉄駅などでもほとんど通じないということがないレベルにまでになったのです。

「速度制限の有無とその速さ」「月額料金」「サービス可能エリア」「データ許容量」という4項目で比較してみますと、どなたが選んだとしても納得してしまうモバイルWiFiルーターは、ビックリすることに1機種だけというのが本音です。

LTEに関しましては、今日の3Gを「長期的に進化させたもの」という意味合いがあり、将来に登場してくるはずの4Gへの移行をスムーズに進展させるためのものです。そういう理由で、「3.9G」と呼ばれることが一般的です。

Y!モバイルまたはNTTDoCoMoであれば、3日間で1GBという通信量を超えてしまうと、しばらく速度制限を受けることになるのですが、WiMAX(ノーリミットモード)の場合だと、そういった制限はないのです。

ポケットWiFiという名前はソフトバンク株式会社の商標になるわけですが、普通は「3Gであったり4G回線を使ってモバイル通信をやる」場合に外せないポケットにもしまえるようなWiFiルーター全般のことを指すと言っていいと思います。

ズバリ言って、最もおすすめできるモバイルWiFiルーターはWiMAXを除いてありません。これ以外のどういったルーターと比較しても回線速度は優れているし、何と言いましても料金が一番安いです。

モバイルルーターにもいくつもの機種があるのですが、そういう状況の中人気ランキングで、毎回上位に顔を出すのがWiMAXになります。その他のルーターと比較してみても回線速度が速いし、毎日ネットに没頭している人には最適だと思います。

モバイルWiFiを持つなら、何としてもお金が掛からないようにしたいと考えますよね。料金と申しますのは毎月毎月納めなければなりませんから、たとえ何百円という違いだとしましても、年間にしますと無視できない差になります。

今のところWiMAX2+の通信カバーエリアとなっていないといった方も、今の段階で買えるWiFiルーターであれば、今までのWiMAXにも接続可能ですし、月に1000円程度必要ですがオプション料金を払うことで、「au 4G LTE」にも接続できます。

ひと月のデータ通信が制限されていないWiMAXギガ放題の項目別料金を、プロバイダーすべてを対象に比較して、推奨順にランキング付けしました。月額料金だけで選ぶのはよくありません。

あまりご存じないかもしれませんが、「ポケットWiFi」というのはワイモバイルの登録商標です。だけどWiFiルーターの一種だということから、現実の上では普通名詞の様に取り扱われていると言えます。

「ワイモバイル」「格安sim」「WiMAX」全てを購入候補として、それらのプラス面・マイナス面を意識しながら、利用状況毎にモバイルルーターをランキングの形でご紹介させていただきます。

コメント

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。名前とメールアドレスが必須です。